外反母趾|外反母趾のための歩き方―膝を使って負担を減らそう

歩いた時に足に衝撃がかからないようにすることは不可能ですので、その衝撃を分散できる効果を持つ歩き方を覚えていきたいと思います。
膝をうまく使うことにより、足への負担を減らす歩き方があります。
まず、下腹部を軽く引き上げ上半身は伸びのような体勢にします。
次に、一本の線をかかとと足の親指で踏むようにして、つま先は進行方向に向けます。
膝から足を出し、歩きます。
腕の振りは、肘が胴の幅を超えないようにします。
歩幅は自分の足一つ分を目安にして、進みます。
音が出ないようイメージしながら、かかとから着地します。
後ろ側の足は地面をけらないように、膝を前に出すようにします。
このように、とても優雅な歩き方で外反母趾の予防や進行の防止が出来ます。
外反母趾だからと言って歩くことを怖がってはいけません。